結婚式のうまい話

このサイトでは、挙式にかかる費用相場について詳しく見ていきたいと思います。
式を挙げるにあたり、とても気になるのはお金の面ではないでしょうか。
盛大に行うか少人数なのかによっても違いがありますので、ここでは参列者の人数規模、小規模結婚式から大規模な挙式にかかる額まで見ていきます。
また、ご祝儀でどれだけカバーできるものなのか、何か支援してもらえる制度はないのかという点についても探っていきたいと思います。

結婚式の費用相場

結婚式の費用相場 結婚式を挙げるにはいったいどれぐらいのお金がかかるのか気になるところです。
そこで、参列者の人数ごとに平均相場を見ていきましょう。
まず、比較的少人数とされる「10人」程度の参列者なら平均約140万円となります。
次に「20から30人」の目安は160万から180万円です。
そして「40から50人」なら200万から230万円、「60から80人」になると250万から300万円を想定しておく必要があります。
ただし、ここからご祝儀で集まる額を参列者一人につき3万円と仮定して差し引くと、参列人数が10から30人程度までは自己負担額は約100万円前後ですが、人数が多くなればなるほどこの額は減っていきます。
例えばゲストが80人の場合、結婚式費用は約300万円かかりますが、30人分のご祝儀が240万円集まれば、自己負担は60万円で済むということになります。

規模によっても結婚式の費用は変わってくる

規模によっても結婚式の費用は変わってくる 結婚を控えている方、また将来的に結婚を考えている方などは、どのような式に試用かという事を想像することも多くなってくるのではないでしょうか。
そのような場合にポイントとなってくるのが費用のことです。
豪華な式にしたいということになると、参加人数も増えがちで大きな規模になります。
そうすると、基本的なお料理や演出であっても相当多くのお金がかかってしまうことになるのです。
演出や料理のグレードを上げればさらに費用は膨らんでいくことになります。
若い年代の方が結婚しようとした時に、問題となってくるのが費用の準備です。
何かしら援助が受けられるという事であれば問題ないこともありますが、そうではない場合、自分で貯めておくことが出来る部分だけで対応していかなくてはなりません。
その場合には結婚式の規模について考えておく必要があります。
本当に親しい家族だけで式を行うという事であれば、かかるお金も少なくて済むでしょう。
その分親しい人とじっくりお祝いしていくことも出来るかもしれません。
自分たちが結婚式に出すことが出来るお金を把握したうえで、その中で実現できる規模の結婚式を考えていくということが重要なポイントとなります。

神戸の結婚式についてはコチラもチェック

神戸なら最高の結婚式が挙げられる